医学部予備校や大学までの道を作る~未来の自分に近づく道のり~

学生

大学進学までの道筋

ビジョンを明確にする

医者

子供の将来の事を考えて、教育に投資をする保護者は大勢います。大学進学までの道筋を考慮すると、学力の定着と応用問題に対処する力を養う必要があります。子供の成長は早く、すぐに大きくなるので大学進学までにどのような勉強と準備をしなければならないのかを子供と話し合って計画を立てることが重要です。そうする事によって、具体的な勉強方法を身に付けることができるので、時間を無駄にすることはありません。また、子供の将来の夢や希望が具体的に決まっている場合は尚更道筋を立てやすくなります。目標とするビジョンを実現するための道筋を逆算して勉強に取り組むと、意欲的に学ぶことができるようになるので親子で話をして共通の認識を持つようにすることが重要です。

資金準備も忘れずに

大学進学には、資金が重要になるので貯蓄も必要になります。大学生活ではアルバイトをして生活を自分で工面することができますが、入学金や新生活など大学生活をスタートさせる際に多額の資金が必要になります。子供が計画的に勉強をするのと同様に保護者も計画的な資金調達を行うことが求められます。私立・国立でも授業料は変動しますし、一人暮らしともなれば準備金が変わります。子供の希望を聞いた上で、早い段階から資金を準備するように計画を立てなければ夢を挫折しなければならない事態も発生してしまいます。学習塾は苦手科目だけを受講するようにすれば支出を削減する事ができるので、上手に利用して最大限の効果を生む出すことができるように担当者とも話し合いをしてください。